日焼けによる顔のシミを解消【化粧品だけではダメ、洗顔が大切】

日焼けのシミを解消するための重要ポイント

なんで化粧品だけではダメなの?

日焼けによる顔のシミを解消するために、美白化粧品を使っている方が多いと思いますが、洗顔に気を付けていますか?

日焼の顔のシミを解消するには化粧品だけでは不十分。洗顔石鹸も良いものを選んでください。


日焼けで顔にシミができる原因は、紫外線により活性酸素が発生し、メラニンが大量に作られること。メラニンが大量に作られた結果、シミやくすみになります。

シミを解消するために大切なポイントは3つ
・黒色メラニンを漂白する
・活性酸素を無害化する
・肌のターンオーバーを促進する

上のポイントをおさえている化粧品を使っているのに、シミが残ったままという方は、洗顔石鹸を見直してください。


活性酸素は紫外線だけでなく、外部刺激やストレスなどによっても発生します。美白化粧品を使っていても、洗顔するときに無理な刺激を与えてしまうと活性酸素が発生し、シミの原因となります。

また、肌のターンオーバーを促進するには、美容成分を与えるだけでなく、古い角質汚れをしっかり取ることも大切です。


洗顔石鹸も上にあげた3つのポイントを抑えているもの、そして、刺激を与えず角質汚れをしっかりとるものがベスト。

ここでおすすめしたいのが、ビタミンCの125倍の美白効果をもつと言われているフラーレンという成分です。

紫外線による活性酸素を防ぐので、日焼けによるシミの予防にもなります。屋外で仕事をしている方、スポーツをしている方など、日焼けをしやすい人におすすめの成分です。


フラーレン配合の石鹸で人気のものが幾つかあります。フラニー、NS化粧品ナノシルクミキシング スキンケアソープ、プリエネージュ EXソープです。

次に、この3つを比べてみます。